面接攻略講座

面接を攻略するための6つのポイント

POINT1 感情を込めて、大きな声で話す

感情を込めるのは大切です。自己PRや志望動機を発表する際、棒読みでは何も伝わりません。
例えば 苦労した事を話すなら、その苦労が伝わるように話す事が大事です。
これを実践するためには、「極端に自分を良く見せ過ぎようとしないこと」が重要になります。
当然、敬語を使わなくてはいけませんが、極端にかしこまりすぎなくても大丈夫です。
変な話し方になったり、変な日本語になったりすることもありますので注意が必要です。

POINT2 面接官の話に合わせて軽くうなずく

面接官が質問をしている時はもちろん、集団面接で他の応募者が発表している際も、自然な感じでうなずきましょう。
他の応募者が発表している最中の態度もチェックされる場合があるので油断は禁物です。

POINT3 面接官の鼻の上辺りを見て話すこと

目を見てしまうと、緊張したり、落ち着かない人は、鼻の上あたりを見ましょう。
相手からは目を見て話しているように見えます。

POINT4 分からない質問には無理に答えないことも大切

知らない事はどうしようもありません。「分かりません。勉強不足です。もっと勉強します。」などと言って逃げることも必要です。
一番いけないのは、適当に言ってしまう事。
面接官は難しい質問する事で、どのように対応するかを見ています。同じ分かりませんでも、その表現方法次第では印象は大きく異なります。
申し訳なさそうな素振り、悔しそうな素振り、何とか答えようとするなど、どうすれば正しいかは場面毎に異なりますが、企業によってその方針は様々ですので、どういった人材を募集しているのかを把握しておく必要があります。

POINT5 はっきりと意見を言うこと

例えば少し意地悪な質問に対しても「私は~なので必ずやってみせます。」ぐらいはっきりと言いきる事。
根拠のない 自信は説得力がないので、体験談も含めて言えると良いです。

POINT6 スマイル

何より面接は笑顔が大事です。 それに生き生きと見えるのでなるべく笑顔でいる方が良いでしょう。